Lawnbowls

ある在野の文学研究者の行動記録。

お仕事募集中です。ご依頼は 84oca75 (アットマーク) gmail.com へお願いします。
解題『ドリトル先生アフリカゆき』(2)──小さなドリトル先生
 1917年に西部戦線の塹壕から生まれ、2人の子供の為に創作された『ドリトル先生』の物語は、思わぬ転機を経て世界中に広まって行きます。

『ドリトル先生アフリカゆき』初版本の扉絵
ドリトル先生アフリカゆき』初版本の扉絵

 1918年、ヒューは炸裂した榴弾の破片が足に当たって重傷を負い、アイリッシュガーズ連隊を除隊されてイギリスへ送還されます。こうして、ニューヨークからロンドンへ妻子を呼び寄せて療養生活に入ったものの、1919年にはアイルランド独立戦争が勃発しました。
 グレートブリテン島の西側に在るアイルランド島は19世紀から20世紀初頭まで全島が連合王国、つまりイギリスの支配下にありました。アイルランド自治法の成立によって自治権の委譲が始まったものの、第一次世界大戦が始まったことを理由にイギリス政府が手続きを凍結したことに対して南部の多数派であるカトリック信徒を中心に不満が高まり、イギリスからの分離独立を主張する共和国派(ナショナリスト)が武装蜂起したのです。この戦争は1921年に英愛条約が締結されて休戦となり、国教会(アングリカン・チャーチ)やスコットランド系の長老派信徒が多いアイルランド島北部・アルスター地方の6州(いわゆる北アイルランド)がイギリスに残留して一応の決着を見たものの、現在もなお未解決のままとなっています。
 ヒューは独立戦争の戦火を逃れる為、フローラ夫人の薦めも有って再び家族全員でニューヨークへ戻ることを決めます。また、ヒュー自身は母親が南部・ダブリン出身のカトリック信徒ですが、イギリス国王の近衛兵として戦った自負が強いことも有ってか、共和国派に対しては冷ややかだったようです。

 1919年の秋、大西洋を横断するニューヨーク行きの船内でヒューはセシル・ロバーツ(Cecil Roberts, 1892 - 1976)と親しくなります。ロバーツはイングランド東部・ノッティンガムの出身で19歳の時に詩人として見出され、第一次世界大戦当時はイギリス海軍の特別通信員を務めた新進気鋭のジャーナリストでした。ロバーツはヒューが毎日、夕方6時に決まって船室へ戻ることに気付き「どこへ行かれるのですか?」と尋ねました。この問いに対してヒューは「ドリトル先生と会うんです」と答えました。「“ドリトル先生”と言うのは誰のことですか?」とロバーツが尋ねると、ヒューは「実は、私の息子のことでして」と言い、船室で父親の帰りを待っていた4歳の長男、コリン・マクマホン・ロフティング(Colin McMahon Lofting, 1915 - 1997)を紹介したのでした──コリンは父親が創作した物語の主人公がすっかり気に入って「ドリトル先生」を自称していたのです。
 ヒューは痩身で背が高く、自身の創作したドリトル先生とは似ても似つかないどころか至って対照的な外観でした。背が低く、肥満体で団子鼻が特徴のドリトル先生の外観はコリンがモデルだと言われています。

石蹴りをするヒューとコリン
石蹴りをするヒューとコリン
(ヒュー・ロフティング画、The Making of Doctor Dolittleより)

 そして、ロバーツは手書きで挿絵もヒュー自身が描いた私家版『ドリトル先生アフリカゆき』を見せられ、強い感銘を受けました──「この本を是非とも出版すべきだと思います」。そう言ってロバーツはヒューにニューヨークの出版社、F・A・ストークス社を紹介しました。1920年、ストークスが『ドリトル先生アフリカゆき』を刊行するとこの本はロバーツが予想した通りに、いや、それ以上に大きな反響を呼び起こし、新聞や雑誌の書評ではルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』やケネス・グレーアムの『たのしい川べ』、或いはウィリアム・メイクピース・サッカレイの『バラとゆびわ』と並び称せられるべき傑作だと、連日のように称賛されたのです。
 そして、イギリスに帰国したロバーツ自身も小説を書くようになり、1922年の小説デビュー作『はさみ Scissors』や1933年の『巡礼の小屋 Pilgrim Cottage』、1940年の『その後、浴槽に And so to Bath』などが代表作となっています。但し、戦前戦後を通じて日本語訳された小説作品は皆無で日本においてはジャーナリストとして多少、名前を知られている程度に留まっているようです。



The Story of Doctor Dolittle - 原文。

『ドリトル先生アフリカゆき』についてもっと詳しく知りたい方には、以下のサイトも参考になります。

『ドリトル先生アフリカゆき』 ドリトル先生物語全集1こども図書館ドットコム
| 84oca | ドリトル先生アフリカゆき | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lawnbowls.blog.bai.ne.jp/trackback/196046
トラックバック

CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND COMMENTS
RECENT TRACKBACK
  • 解題『ドリトル先生局』──『郵便局』と『サーカス』はどっちが先?
    Lawnbowls (08/05)
  • ヒュー・ロフティング伝(4)──ナイジェリア時代
    Lawnbowls (07/11)
  • 解題『ドリトル先生アフリカゆき』(8)──人種差別問題
    Lawnbowls (06/07)
CATEGORIES ARCHIVES LINKS PROFILE OTHERS