Lawnbowls

ある在野の文学研究者の行動記録。

お仕事募集中です。ご依頼は 84oca75 (アットマーク) gmail.com へお願いします。
解題『ドリトル先生局』──『郵便局』と『サーカス』はどっちが先?
 シリーズ第3巻『ドリトル先生の郵便局』と第4巻『ドリトル先生のサーカス』は、どちらも第1巻『アフリカゆき』よりは後で、第2巻『航海記』よりも前と見る意見が多数を占めています。しかし『郵便局』と『サーカス』のどちらが先かについては意見が分かれており、明確な結論が出ていません。

「さて、どちらへ行くべきか」
「さて、どちらへ行くべきか」(『ドリトル先生のサーカス』挿絵、ヒュー・ロフティング画)

 本文に依拠する限り『郵便局』第4部6章で最高級の真珠を芽キャベツの弁償に充てて惜しげもなくリンカンシャーの農家へ送ってしまったドリトル先生を横目に、ダブダブが「また(『アフリカゆき』の終盤のように)オシツオサレツを連れてサーカスの旅に出なきゃならない」と愚痴をこぼしていたのが次巻『サーカス』への伏線と読めますし、その『サーカス』では水上郵便局や『北極マンスリー』の話題が出たり先生にスティヴン岬灯台の異変を知らせたカモメが再登場しているので、予断を持たずに読んだ場合は『郵便局』→『サーカス』の順と取るのが自然なように思えます。
 しかし『サーカス』の冒頭では「アフリカへ行く際に調達した船を壊してしまい、船乗りに弁償しなければならないのでサーカス団へ入ることにした」とか「帰りに接収した海賊船の倉庫に積まれていたイワシの缶詰が上等」だとか『アフリカゆき』の後半を思わせる描写が挿入されているので事はそう簡単ではありません。実際、岩波版で『アフリカゆき』の巻末に掲載されている各巻の紹介では『サーカス』を「『アフリカゆき』の直後」と明言しています。
 実は岩波版が『郵便局』から直に続いているとしか解釈し難い本編中の描写に触れず『サーカス』を『アフリカゆき』の直後としているのは商業上の理由があり、岩波少年文庫で訳出された順序は『サーカス』(1952年1月)の方が『郵便局』(1952年6月)よりも早かったのです。
 そうした日本での紹介に際しての事情はさておいても、結局のところ『郵便局』と『サーカス』のどちらが先か、と言うよりも『アフリカゆき』の直後か、と言う問題に対する明確な結論は今のところ出ていませんし、ファンの間でも「答えの出ない論争なので立ち入らないでおこう」と言う空気が長く存在していました。今年の3月に刊行された角川つばさ文庫の河合訳『サーカス』の訳者あとがきが結論こそ出していないものの、この問題に関する正面からの考察としては初めてのものとなっています。

 筆者は基本的に『郵便局』→『サーカス』の順だろう、と解釈していますが単純に『アフリカゆき』の直後が『郵便局』という訳ではなく、その間に全容が書かれなかったもう一つの航海が存在すると思っています。その航海の断片は『航海記』でスタビンズ少年との初対面や『郵便局』でファンティポ郵便局が切手発行に乗り出した直後、また第6巻『キャラバン』の終盤と第11巻『緑のカナリア』の冒頭に、その断片を見ることが出来ます。
| 84oca | ドリトル先生 (シリーズ全般) | 16:10 | comments(0) | trackbacks(1) |


CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2012 >>
RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND SELECTED ENTRIES COMMENTS
RECENT TRACKBACK
  • 解題『ドリトル先生局』──『郵便局』と『サーカス』はどっちが先?
    Lawnbowls (08/05)
  • ヒュー・ロフティング伝(4)──ナイジェリア時代
    Lawnbowls (07/11)
  • 解題『ドリトル先生アフリカゆき』(8)──人種差別問題
    Lawnbowls (06/07)
CATEGORIES ARCHIVES LINKS PROFILE OTHERS