Lawnbowls

ある在野の文学研究者の行動記録。

お仕事募集中です。ご依頼は 84oca75 (アットマーク) gmail.com へお願いします。
ジョン・ロフティングの伝記
 以前に取り上げたヒュー・ロフティングの先祖に当たる発明家ジョン・ロフティング(John Lofting, 1659 - 1742)の伝記がイギリスで刊行されました。著者はデボラ・ダニエルズ( @DebEDaniels )さんです。

John Lofting
John Lofting
Deb Daniels
| 84oca | ヒュー・ロフティング伝 | 05:16 | comments(1) | trackbacks(0) |
未邦訳絵本『おかゆ詩集』
 ガジェット通信に紹介記事を書かせていただきました。

『ドリトル先生』の作者・ロフティングが書いた未邦訳の絵本『おかゆ詩集』
| 84oca | ドリトル先生以外のHL作品 | 22:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
更新再開のお知らせ
 しばらく休止していたBOLGの更新を今日から再開します。当面は週2回前後の不定期更新となりますがご了承ください。
| 84oca | お知らせ | 08:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヒュー・ロフティング伝(番外編)──Togetterまとめのログ
 ちょっとだけ更新。Togetterに以下のまとめを投稿しました。

解題『ドリトル先生』番外編──ヒュー・ロフティングとケイト・ハロワー
| 84oca | ヒュー・ロフティング伝 | 05:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
一時休止のお知らせ
筆者体調不良につき、しばらく更新を休止します。体調が回復次第、8月下旬を目処に更新を再開する予定です。

楽しみにしていただいている皆様にお詫びを申し上げます。
| 84oca | お知らせ | 21:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
解題『ドリトル先生のサーカス』(5)──逃避行の始まり
 ソフィーを海へ逃がすため、先にサーカス団を離脱してソフィーと合流することにしたドリトル先生はアッシュビーの宿屋に何日か逗留し、決行の日を待ちました。そして、遂にソフィー解放の日がやって来ます。

ヒギンズと夜警を水槽へ突き落とすテオドシア
ヒギンズと夜警を水槽へ突き落とすテオドシア
(『ドリトル先生のサーカス』挿絵、ヒュー・ロフティング画)

 その日の晩は、満月が綺麗でした。トートーは巡回動物園の檻の屋根に陣取ってサーカスの敷地内を見渡し、作戦決行の合図をする手筈を整えながらマシューがソフィーを水槽から連れ出すまで待機していました。マシューはテオドシアがココアをご馳走してヒギンズと夜警を引き留めるのを確認し、水槽を囲う木戸の錠を慣れた手つきで外して水槽から這い上がって来たソフィーを外に出してやりました。しかし、陸上では体を引きずってゆっくりと移動することしか出来ないのでサーカスの敷地から外へ誘導するのは一苦労で、このままでは夜警に見つかってしまいかねません。そこで、トートーが機転を利かせてソフィーをテントの裾に隠れるようジップに誘導させ、ソフィーが隠れたのを見届けたマシューはヒギンズと夜警に慌てた様子で「オットセイが逃げた」と報告しました。
 ヒギンズと夜警は急いで水槽のスタンドへ駆けつけましたが、錠はマシューがソフィーを逃がした後に元通り閉めていたので不審な点は見つけられませんでした。そこで、テオドシアが「水槽の底で影が動いたような気がする」と言い、ヒギンズと夜警が水槽を覗き込むとテオドシアは突然、何かに驚いたふりをして2人の背中から倒れ込み、そのまま水槽へ突き落としてしまいました。
 その様子を見ていたトートーは巡回動物園の動物たちにホー、ホーと鳴いて合図をし、それから一斉に檻の中で動物たちが暴れ出しました。特に象の暴れぶりは豪快で、床を何度も踏み抜いて滅茶苦茶に壊し見るも無残な焚き付けのようにしてしまいました。
 巡回動物園の異変に気付いたブロッサムは慌てて外へ駆け出しますが、その足許へガブガブが飛び出して転倒させてしまいました。
ブロッサムが起き上がってまた走り出すと、またもやガブガブがブロッサムの足を掬って転倒させたので、ブロッサムはなかなか檻に近付くことが出来ません。普段からブロッサムの腰巾着として振る舞っている蛇使いのファティマは蝋燭と金槌を持って外へ出ますが、ダブダブが後ろから飛んで来て羽で蝋燭の火を消してしまい、ファティマが訳もわからずもう一度テントに戻って蝋燭に点火するとダブダブはまたその火を消してしまいました。
 ガブガブに散々な目に遭わされ怒り狂った状態のブロッサムがようやく水槽から這い出したヒギンズと合流し、ソフィーが逃げ出したことを聞くと巡回動物園の象が暴れているのはソフィーが逃げ込んで驚いたからに違いないと言い、夜警と共に檻の方に駆けて行きました。その様子を見届けたマシューはソフィーを外へ出してやりましたが、巡回動物園の騒ぎを聞き付けた警官の姿を見ると(マシューは何度も密漁で逮捕暦のある前科者なので警官が何より苦手なのです)慌ててソフィーを路地裏に隠し、警官には「ライオンが逃げたんじゃないか」と言ってごまかしサーカスの敷地内へ戻って行きました。
 予定時刻を大幅に過ぎて、巡回動物園の騒ぎでようやくソフィーが逃げ出したことに気付いた先生は路地裏で寝そべっているソフィーを保護し、取り敢えず隠れられそうな空き家を探すことにしました。長い逃避行が始まったのです。

| 84oca | ドリトル先生のサーカス | 20:18 | comments(1) | trackbacks(0) |
解題『ドリトル先生のサーカス』(4)──囚われのソフィー
 グリムブルドンでの興行を終え、次の巡業地・アッシュビーでドリトル先生は病気のためサーカス団を離脱していたオットセイのソフィーと出会います。ソフィーが捕獲され、夫のスラッシーと引き離されてイギリスへ連れて来られた身の上話を聞いた先生は義憤に駆られ、ソフィーを海へ逃がす決意をします。

ソフィーとドリトル先生
ソフィーとドリトル先生(『ドリトル先生のサーカス』挿絵、ヒュー・ロフティング画)

 グリムブルドンの興行が終わり、次の目的地・アッシュビーへ向かう頃にはドリトル家の動物たちもサーカス団の動物とすっかり仲良くなっていました。特に、ジップは道化役者のホップが飼っている雑種犬のスイズル、そしてガブガブがお気に入りの人形芝居に出演しているプードルのトビーとすっかり仲良くなっていました。また、先生は巡回動物園の不潔な檻で飼われている動物たちと同様に年老いてくたびれ果てたた荷馬車馬のベッポーのことが非常に気がかりでした。
 アッシュビーでは、病気のためにサーカス団を離れていたアラスカ生まれのオットセイ・ソフィーが合流しました。ソフィーはヒギンズという男に飼われていて、先生がオシツオサレツを見世物にするサイト同様にブロッサムと契約してサーカス団に帯同していたのですが、ハットレイの町で興行中に病気のため一時的にサーカスを離れ、アッシュビーで合流することになっていたのです。

 岩波少年文庫で2000年の改版以降に掲載されているアニマルトレーナーの堤秀世氏による解説では、現在のイギリスではオットセイに芸当を仕込むことは禁止されており水族館のショーでは主にアシカが出演するそうです。日本の場合は、水産庁の許可を条件にオットセイに芸を仕込んでショーに出演させることが出来ます。

 先生がファンティポの国際郵便局で発行していた『北極マンスリー』の愛読者だったというソフィーは生き別れの夫・スラッシーが今どうしているのか知りたいと言いました。先生がトートーに相談すると、トートーはイングランド西部の港町・ブリストルまで飛んで行きました。そこで、かつて先生にスティヴン岬灯台の異変を知らせたカモメと出会ったトートーは、アラスカ方面の渡り鳥にオットセイの群れの様子を見てもらえないか相談しました。
 5日後、先生はサーカス団の箱馬車に飛来したカモメと再開しましたが、喜んでいる余裕はありませんでした。長旅で疲れきったカモメが持って来たニュースはとてもソフィーに聞かせられるようなものではなかったからです。カモメ曰く、スラッシーはソフィーが捕獲されてからすっかり塞ぎ込んでしまいリーダー不在となったオットセイの群れはセイウチやアシカとの小競り合いで勢力が衰退し、エスキモー(本来「エスキモー」は差別用語でなく、また政治的理由で「イヌイット」と総称されているカナダの北方民族以外のアラスカや極東ロシアに住む同系統の民族を「イヌイット」と呼ぶのは不適切なので原文通りとします)の毛皮猟師による乱獲もあってアラスカオットセイの群れは危機に瀕していると言うのです。
 居ても立ってもいられなくなった先生はヒギンズからオットセイを買い取ってソフィーを海に解放したい衝動にかられましたが、ヒギンズがリヴァプールでソフィーを買い取った時の20ポンドという大金はいくらオシツオサレツの稼ぎが好調だと言っても手が届きません。そこで、先生は思い切ってソフィーを密かに水槽から逃がして海へ連れて行くことにしました。マシューと夫人のテオドシアも先生の提案に賛同し、ヒギンズやブロッサムに怪しまれないよう先生は所用を装って先にサーカスから一時離脱し、合流場所を決めておきました。そして、ソフィーの解放を決行する日がやって来ます。
| 84oca | ドリトル先生のサーカス | 19:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
解題『ドリトル先生のサーカス』(3)──ドリトル先生、早くも失望する
 オシツオサレツを連れてブロッサム大サーカスの一員となったドリトル先生は、サーカスの舞台裏を見て激しく失望します。特に、巡回動物園で見世物にされている動物たちがみじめな境遇に置かれていることはどうにも我慢がなりませんでした。

「ハリガリ」を観賞するドリトル先生とガブガブ
「ハリガリ」を観賞するドリトル先生とガブガブ
(『ドリトル先生のサーカス』挿絵、ヒュー・ロフティング画)

 オシツオサレツは観賞初日から大人気で、多くの人々が2つ頭の珍しい動物を見ようと箱馬車に詰めかけました。元から恥ずかしがり屋のオシツオサレツにとって人からジロジロと見られるのが耐え難い苦痛だったのですが、先生の借金を返すためだと思って我慢している内に人目にも慣れて来て、何日か経つとすっかり人目を気にせず普段通り振る舞うようになりました。
 先生は団長のプロッサムに案内されてサーカス団の他の見世物を観賞して回りましたが、その中でも特に失望したのは巡回動物園でした。ここで飼われている動物たちは狭く不潔な檻に閉じ込められ、満足に餌をもらえないのが一目でわかった先生はブロッサムに抗議したくなりましたが、ここで団長と事を構えるのはまずいと言うマシューの忠告を受けて怒りを抑えざるを得ませんでした。
 ガブガブは、ブロッサム言うところの南米はパタゴニアで捕獲した珍獣・ハリガリ(Hurri-Gurri)の檻をしげしげと眺めていました。先生が言うには、その「ハリガリ」の正体はアメリカ大陸全土に広く分布しているオポッサム(フクロネズミ)だそうですが。
 それから先生は蛇使いの女王・ファティマのテントへ通されました。このファティマは傲慢不遜な女で、インド原産の毒蛇の王者・コブラを操るという触れ込みで蛇に芸を仕込んでいたのですが、先生はこの蛇が北アメリカ原産の毒を持たない黒蛇に縞模様を塗ってそれらしく見せかけたものだと一目で見抜きます。先生がそれを指摘すると、ファティマは途端に不機嫌になり「蛇に触らないでおくれ!」と先生に食って掛かりました。ガブガブはその次に案内された人形芝居──この出し物はヘンリー・クロケットとその飼い犬のプードル・トビーが仕切っていました──がすっかり気に入ったようで、飽きること無くずっと観賞し続けていました。
 最後に先生が案内されたのは、怪力自慢のヘラクレスがダンベルを持ち上げている小屋でした。先生はファティマの蛇使い芸のようないんちきが無いこの出し物に感心しますが、ヘラクレスは誤ってダンベルを自分の胸に取り落としてしまいました。先生はすぐに動けなくなったヘラクレスを診察し、肋骨が2本折れていると診断しました。新しくサーカス団に加わったスミス氏が医者だったとは知られされていなかったブロッサムは呆気に取られますが、たまたま先生が獣医へ転職する前のことを知っている観客がそこに居合わせて「あの人はかつてイングランド西部で一番の名医だったジョン・ドリトル医学博士だ」と言ったので、先生は妹のサラに約束した偽名「ジョン・スミス」の使用を早々と諦めざるを得なくなってしまったのでした。
| 84oca | ドリトル先生のサーカス | 16:20 | comments(0) | trackbacks(0) |


CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< August 2014 >>
RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND SELECTED ENTRIES COMMENTS
RECENT TRACKBACK
  • 解題『ドリトル先生局』──『郵便局』と『サーカス』はどっちが先?
    Lawnbowls (08/05)
  • ヒュー・ロフティング伝(4)──ナイジェリア時代
    Lawnbowls (07/11)
  • 解題『ドリトル先生アフリカゆき』(8)──人種差別問題
    Lawnbowls (06/07)
CATEGORIES ARCHIVES LINKS PROFILE OTHERS